かわいい幼女にしびれごな

たまに書きます

ORASシーズン8使用構築 ♥ラティアスたん♥【最終2200】

S8で使っていたメガラティアススタンの記事となります。最終&最高レートは2200。

f:id:bottle_poke:20150308224223g:plainf:id:bottle_poke:20150308224146g:plain

f:id:bottle_poke:20150308224445g:plainf:id:bottle_poke:20150211005816g:plain

f:id:bottle_poke:20150308224345g:plainf:id:bottle_poke:20150308224326g:plain

 

メガラティアスの数値の高さに注目して、ラティアスの苦手なポケモンに強く出れるカバルドンを採用。この2体から構築をスタートした。

以下、採用順に個別解説。
性格    :臆病 
実数値:187(252)-94-141(4)-160-170-178(252)
技       :瞑想 自己再生 サイコショック 流星群
 
実数値は理想個体の場合のメガ時。相手のスイクンクレセリア、サンダー、ロトム、リザY、ライコウなどほとんどの特殊を起点にできる。後だししてくるニンフィアや特殊ギルガルドにも役割を持つことができた。
毒や電磁波を透かしたりできる場面がとても多かったので身代わりは必須だと思った。流星群を採用しているのはあまりにも竜技を警戒されずにガブやマンダが後出ししてきたり、悪タイプがいるだけで選出ができなかったりするのが不快だったから。竜波だとある程度Cに割かないと打ちたい相手を落とせないため流星群。舐めて後出ししてくるガルーラをショック+流星群で無償突破できたりもした。
 
カバルドン@ゴツメf:id:bottle_poke:20150120150311j:image
性格    :腕白
実数値:215(252)-117-187(252)-79-93(4)-67
技        :じしん がんせきふうじ あくび なまける
 
ラティアスが苦手ガルーラバンギラスクチート、スカガブなどの物理を見れるポケモンとして採用。
冷凍ビーム搭載やHPに振った1対1交換できないガルーラが増えすぎて厳しいことが多かったが、あくびの流し性能や似たような役割のゴツメランドロスなどと違ってしっかりと回復技があることを考えるとこのポケモンは外せない。
調整するならメガクチのS抜いたりガルーラの冷凍ビーム2耐えなどだろうか。
 
 
 性格    :意地っ張り
実数値:167(252)-107(220)-170-*-170-85(36)
 
フェアリーの一貫を切る枠、2体で勝てないルカリオパルシェン、対面でのガッサに勝てるポケモンとして採用。熱湯で焼けたり催眠が面倒なのでラム。カバの欠伸から剣舞を積んで抜いていくこともできる。
Sは85まで振ることで大抵のニンフィアやポリ2を上から殴れる。今シーズンとても多かったナットレイも起点にできることが強み。
 
ガルーラ@ガルーラナイトf:id:bottle_poke:20150209082726j:image
性格    :陽気
実数値:秘密
技        : ふいうち いわなだれ グロウパンチ みがわり
 
2枚目のメガシンカポケモンとして採用。身代わりが役立つ場面が多く、身代わりを残した状態でグロウパンチを打てれば3縦できることも多々あった。203、207よりもガルーラは上から殴れるポケモンを増やした方が強いと考えているため陽気。クレセを突破できる可能性のある身代わり雪崩を採用。パーティで重いウルガモスを上から殴れる場面がとても多く、陽気にして正解だと思った。
 
 
性格    :意地っ張り
実数値:135-200(252)-101(4)-72-80-122(252)
技        :岩石封じ タネマシンガン マッハパンチ キノコの胞子
 
普通の襷キノガッサカバルドンを見て選出してくるスイクンなどに強いポケモンとして採用。 特に言うことはないが、改善するとすればミラー意識の配分にすること。基本初手に出して相手に合わせた行動をしていく。
 
性格    :臆病
実数値:149(12)-*-87-154(248)-91-190(248)
技        :冷凍ビーム 悪の波動 草結び めざ炎
 
全体的に足が遅いのとラムガブ、珠ボルトロス、ゲンガー辺りに不安が残ったため採用。ラティアスは見れる範囲が狭いが、このポケモンは様々なポケモンをある程度見れるため構築にマッチしてると思った。とても多かったナットレイハッサムに役割を持つためにめざ炎。
 
 
このパーティできつい相手はゲッコウガクレッフィキノガッサ。構築で言えば壁馬車バトンなど。とくにクレッフィに対してはカバルドンゲッコウガの選出をしなければ簡単に詰んでしまうので注意。ガルーラの型を変更することでこれらはある程度楽になると思う。
 
基本選出は特にないがガルーラがいる場合はカバルドンをほぼ絶対選出、リザ入りに対しては初手にラティアスを出すことなどを意識する。ガルーラが初手に出てくることも多かったため、素直にカバルドンを初手に置くのが一番安定感があった。
 
自分で1から考えた構築で早い段階で2200に到達することができ、自信を持って人に薦められるメガラティアス入りの構築となりとても満足している。
なにかあればコメントかTwitterでbottle_pokeまで。

f:id:bottle_poke:20150314073632j:image