読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいい幼女にしびれごな

たまに書きます

【ORASシーズン11サブロム使用構築】メガギャラスタン【最終2002】

※基本的にスマホからの閲覧を推奨します。PCからだと画像サイズが大きいので注意してください。
無断リンクなので問題があれば消します。
 

どうもぼとるんです。

 
サブロムで使用していた構築の記事です。最終レートは2002。最終日に上げようと思ってましたが本ロムの方で手一杯でした。。。
 本ロム記事
 
✴はじめに✴
 
メガギャラドスm08.pngを使いたいということで軸に据え組んでみた。
高速電気に強いライコウRaikou
地面枠、ゴツメ枠としてゴツメランドLandorus (Therian form)
フェアリーの一貫を消す鋼枠としてギルガルド681.png
ラスト一枠はかなり悩んだがS10のメガギャラ入りの構築にあって興味を持った、あくび身代わりバトンニンフィアニンフィアアイコン
という順で採用した。
 
✴個別解説✴
 

f:id:bottle_poke:20150915074321j:image 
 
 
耐久に割いたメガギャラドス。全抜きというよりは耐えて舞って殴るが基本(昔使っていた調整の使い回しなだけ)。
メガシンカするタイミングには注意が必要で特に相手にバシャーモウルガモスがいる場合はメガ進化はしないでおくとよい。
 
メカギャラドスの技構成は 攻撃技/攻撃技/攻撃技or補助技/竜舞 が基本だが今回は3ウェポンで使用した。
補助技といえば身代わりと挑発だが、壁下でない身代わりは壊れやすく警戒もされるため残すのが難しいと考えた。またニンフィアの身代わりバトンもあるため今回は採用見送りとした。挑発はポリ2やクレセを意識した技だがポリ2はDLが増え挑発の効果が薄くなったことやクレセはそもそも警戒して選出されないことからこちらも採用見送り。 
結果として 滝登り/噛み砕く/氷の牙/竜舞 となった。マンダがいても選出できたりガブの処理が速くなる氷の牙は打つ場面もかなり多かった。ジャローダに打点が持てるのもポイント。
しばらくは地震を採用していたが、毒クレセの増加やスイクンへ打点を持ちたかったこと、受けループに強くなれることなどから噛み砕くに変更した。噛み砕くで勝てた試合も多かったのでこれは正解だと思う。
 
 

f:id:bottle_poke:20150915074411j:image
 
最も信頼しているいつもの襷ライコウ。メガギャラドスの苦手なボルトロスやサンダーなどの電気タイプであったり、スイクンや相手のギャラドスといった水タイプを起点にできる。
後述のゴツメランドロスだけではガブガルの並びを相手するには過労死気味であるためガブに対して居座りの選択肢を残せる襷はとても強かった。特殊技を主体とする低速受けポケモン(ポリ2、クレセなど)に対しても瞑想を積むことでしっかりと仕事ができる。ギャラドスと合わせれば壁構築に見えなくもないはず。
 
 

f:id:bottle_poke:20150915074424j:image
 
 
こちらもいつもの腕白ゴツメランド。詳しくはこちら
 
ライコウランドの並びを使いたかったこと、構築に必須となる地面枠、ゴツメ枠として採用。
電気と地面の一貫を切ったり、ステロと威嚇を撒いたり、蜻蛉でサイクルを回したり、物理アタッカーを削ったりととても便利なポケモン
ゴツメダメージを入れればメガバシャーモの圏内に入る相手(ガブなど)も多いため意識して立ち回る。
冷凍ビームを持ったガルーラも増え昔よりは動きづらくなったもののやはり選出しやすく扱いやすいポケモンだった。
 
 

f:id:bottle_poke:20150915080227j:image
 
 
 
フェアリーの一貫を消せる鋼枠として採用。受けループにも投げる駒である。ギャラとの相性もよく苦手な炎、地面はギャラが起点にでき、ギャラの止まるナットレイなどに対してはギルガルドが起点にできる。
 
技は役割対象に打つアイヘは確定。全抜きも狙える剣舞、ゲンガーを剣舞と合わせて縛れるかげうち。最後にガルーラナットレイへの打点になる聖なる剣。回避率が上がったオニゴーリにも強くなれる。珠では勝手に削れていってしまうためラムを持たせ、威張るなどでの事故死を減らしている。
使うならDL対策の配分に変えましょう。
 
 
 

f:id:bottle_poke:20150915080252j:image
 
ギャラドスと合わせて攻撃範囲が広がるメガ枠。こいつがいるだけでギャラが強く出れるアローやカバを誘うことができ、ギャラが誘うナットレイなどに対してはバシャーモで相手をできる。ニンフィアの身代わりバトンから繋いで剣舞を積めれば簡単に全抜きすることもできる。基本的にはギャラを出すため選出率は低め。このポケモンにもバトンを入れてニンフィアとバトンリレーも面白そうだと思う。
 
 
f:id:bottle_poke:20150915080611j:image
 
配分はこちらのものをお借りした。
 
構築の最後にボルトロスへの安定した引き先、龍の一貫切り、勝ちパターンを増やせるポケモンとしての採用。補完で採用したポケモンにも関わらず選出率はかなり高く、あくびや身代わりバトンといった起点作りがとても強力。例えばニンフィアに後出ししてくるナットレイに対し身代わりバトンからギルガルドに繋いでしまえば安全に剣舞を積むことができる。
 
✴おわりに✴
 
f:id:bottle_poke:20150915070133j:image
 
大した結果を出せた構築でもないのでこの位に。勝率8割5分で2000に行って「この構築やばくね?」と1人盛り上がってたらずるずると負けていき2000に復帰するのに時間がとてもかかった。
バシャーモとメガギャラの攻撃範囲はとても優秀でナットレイフシギバナ、両刀ガルーラさえ気をつければかなり使いやすい構築だと思うので興味があればぜひ組んでみてほしい。
 
それでは短めですがこれで終わります。ここまで読んでいただきありがとうございました。
何かあればコメントかTwitter:bottle_pokeまで。