かわいい幼女にしびれごな

たまに書きます

S2使用 瞑想コケコ+ソーナンス

お久しぶりです。ぼとるんです。S2で使っていた構築の記事です。最高2020、最終1800。

 画像等少なく簡単に書きました。


f:id:bottle_poke:20170321210837j:image

構成(採用順)

 カプコケコ
f:id:bottle_poke:20170321203555j:image

テンプレの3つに加え抜き性能をあげられる瞑想を採用した。

ソーナンス
f:id:bottle_poke:20170321204039j:image 

技はこれ以外有り得ない。調整は考察不足だった。テテフのシャドボでD下降を引いた場合にも対応できる振り方にするべきだったかもしれない。

ガブリアス
f:id:bottle_poke:20170321204025j:image

毒を持たせることでクレセリアポリゴン2といったポケモンソーナンスでも処理できるようにした。

カミツルギ
f:id:bottle_poke:20170321204407j:image 

舞ったギャラドスや処理の面倒なゲッコウガ、カプコケコが役割対象であるためスカーフを持たせた。

メガギャラドス
f:id:bottle_poke:20170321204448j:image

ソーナンスのサポートとなる挑発を持たせた。ボーマンダがいるだけで採用できないという事態を嫌って氷の牙を採用。

ウルガモス
f:id:bottle_poke:20170321204338j:image

マンダ+レヒレの並びがとても多かったので対応できる構成。この構成だと他の型に比べ炎技を撃つ機会も多いと思ったため命中安定の火炎放射。

  

構築の経緯

カプコケコの持つ上からの削り+瞑想を積んだ際の抜き性能に注目して構築を組み始めた。また、麻痺しない点も評価できる。

ストッパーとしてまず考えられたのがスカーフを持って上から攻撃してくるガブリアスとカプテテフであったため、スカーフという持ち物に対して圧倒的に強いソーナンスを採用。アンコールによる瞑想の起点作成もできる。

ソーナンスを採用するにあたり、積み技をアンコール→Z技でアンコールを解除という動きをされることは想像できたため襷を盾にストッパーになることができるガブリアスを採用。

また挑発によりソーナンスを起点としてくるギャラドスや、タイプによりソーナンスに強いミミッキュに有利なカミツルギを採用。

威嚇や挑発でソーナンスと相性のいいメガ枠としてメガギャラドスを採用。

最後にとんぼ返りでソーナンスから逃げていくハッサムやここまでのポケモンで処理ができないフシギバナに対して有利なウルガモスを採用した。

 

最後に

道連れ連打ができなくなったこと、Z技によるアンコールの拘束解除など相対的に弱体化はしたものの、トップメタのガブリアスとカプテテフがスカーフを持ってることが多い以上ソーナンスはまだまだ戦っていけるポケモンだと思った。 扱いの難しさ故にプレイングミスが目立つ場面も多く実力不足を感じた。

クチートが使える?ということでS3は気合を入れて頑張りたい。クチートナイトは持っていませんが。。。